リレンザを吸引しても熱が上がる

インフルエンザの治療・予防薬であるリレンザを吸引しているのに、熱が上がる…そんな時は、リレンザの吸引を始めるタイミングが遅かったのかもしれません。
インフルエンザウイルスが体内に1個入ると、8時間後には100個、16時間後には10000個、24時間後には100万個と猛烈なスピードで増殖すると言われています。インフルエンザウイルスが増えてくると、人間の身体は免疫力のため熱を出したりしてウイルスを退治しようとします。インフルエンザは高熱が出るのが特徴で、その熱によってウイルスを撃退しようとしているのです。インフルエンザウイルスは約48時間でウイルスの増殖がストップするのですが、インフルエンザウイルスの数が身体の中で増え切ってしまうまでにリレンザの吸引を始めなければ意味がありません。リレンザがインフルエンザウイルスを殺すための薬だと思われるかもしれませんが、酵素の働きを阻害することにより、インフルエンザが増えるのを防ぐ薬なのです。ウイルスの増殖が抑えられることにより、インフルエンザの特徴である高熱が出る期間が1日程度短くなると言われています。そのため、インフルエンザに感染したかな、と思ったら、すぐにでもリレンザを服用するようにして、ウイルスの増殖を一刻でも早くストップさせるようにしましょう。しかし、ウイルスの増殖が止まる約48時間も目安のため、それ以降に服用しても効果がある場合もあれば、それ以前に服用しても、その時点で体内のウイルスが増え切ってしまっている可能性もあります。リレンザをはじめとするインフルエンザ治療薬の服用の目安が48時間以内と言われているのは、このような理由によるためです。
リレンザを吸引しても熱が上がるのは、すでにウイルスが増え切ってしまっているからなのかもしれません。

■予期しない発症にも対応
インフルエンザ 薬
■タミフルという薬は有名ですよね
タミフルの通販